認知症の予防に|葉酸サプリ

認知症は今まで原因も予防法も判らないままでした。

その認知症予防に「葉酸」が効き目があると言われています。

葉酸と言えば、妊娠前、妊娠中の女性に摂取することを厚生労働省が推奨している成分です。葉酸は赤ちゃんの先天的障害を軽減できると言われ、「母子手帳」に葉酸を摂るよう明記してある栄養素です。

アルツハイマー型の認知症は、たんぱく質(βアミロイド)の量が増えることが認知症の原因のひとつと言われています。
葉酸が足りなくなると、ホモシステインが血液の中で増え、それがたんぱく質を増やしてしまいます。

アルツハイマー型認知症の原因の一つは葉酸摂取で予防効果が期待できるそうです。もちろん認知症になってからでは遅いので、認知症発症前に飲むことが大切です。

また葉酸は飲んだからと言って認知症を治すことはできません。予防に効果が期待できるということなんですね。

予防として摂取する場合は1日800マイクログラム位摂取しても大丈夫です。妊娠中の女性は1日400マイクログラムと決められていますが、高齢者は若い人に比べると「体内吸収率」が低いので多く摂取することが推奨されています。

葉酸はサプリで摂取すると確実に摂れます。
認知症用、うつ病用の葉酸サプリは売り出されていませんが、妊娠した女性用の葉酸サプリは多数販売されています。

その中でも、AFC葉酸サプリは厚生労働省が薦める「合成葉酸」を使用し、コストパフォーマンスに優れた葉酸サプリです。

また、1番売れている葉酸サプリなら「ベルタ葉酸」がおススメです。
天然酵母培養した葉酸のため、価格が少し高いですが安心を買いたい方にはコチラがいいでしょう。

The following two tabs change content below.

この記事で書いていること

麻子

32才麻子です。趣味はドラマ鑑賞。好きな俳優は菅田将暉くん。 20代後半で子供を産み、30代に突入。肌や体力の変化を経験。ママになるとき必要とした葉酸サプリやママでもキレイなりたい!美容サプリやダイエットサプリを紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする